2012年06月01日

mac pro その後


その後どうなったかと言うと、同じような現象が数回起きている。
ただ、「スリープから復帰した時」「起動直後」に起こっていて
一度起動してしまえば、おかしな事になる事はいまのところない。

色々調べてみた所、メモリの不具合だと、起動したりしなかったりというような事にはならず、
原因のメモリを排除しない事には起動しないようなので、やはりメモリに問題は無いのかも知れない。
ただ、ライザーカードの不具合というパターンもあるらしいので、その場合だとなんとも言えない。
個人的には、電源ユニットなんじゃないの?とおもうのだが。

経験上、「調子が悪い」程度で修理にだしたところで、先方で不具合が確認されない事には
「何もおかしくねっすよ(プ」と帰ってくるのがオチなので、本格的に壊れるのを待つしかない状態。

もちろん、自分で対処できるものなら何でもするが、個人で出来る事には限界がある。
しかもこのMacは祖父でプレミアムワランティに入っていて、基本壊れたら無償修理してくれる事になっている。
なので、しばらくは”お腹の痛い使い方(だましだまし使い続ける)”を続けるしかないかな。

---------------------------------------------------------------------------

長年、Macを使ってきたが、やはり壊れる時は壊れる。
特にフリーランスになってからは、Macの稼働時間が極端に長くなっているので
その結果、修理に出す事も増えてきた。

そんな中で自分でできる、せめてもの自己防衛。

基本、アップルに修理に出す時は、出荷時の状態での提出を求められる。
メモリやHDDを外してしまえば良いだけなので、特に面倒な事でも無いのだが、問題はデータ。
修理に出すと、恐らくHDの中身はOSがクリーンインストールされた状態で帰ってくる。
ここから故障前までに使っていた状態に戻すのがとにかく大変。

なので、自分の場合は純正のHDは起動ディスクにせず、追加したHDにOSを入れて使用する。
出荷時に搭載されているHDは基本的には使わない
取り外してしまっても良いし(G5の時はHDが2機しかマウントできなかったので、外していた)
マウントしたまま、データのバックアップディスクにしてしまっても良い。
ただし、そのHDをマウントするしないに関係なく、出荷時のOSだけはインストールしておく。

これで、問題が起きた時には、そのHDだけをマウントし、ほかのHDは外して修理に出せばよい。
修理から帰ってきたら、外しておいたHDをマウントしそこから起動すればOK。
修理期間中にサーバーに溜まったメールを処理する手間だけはあるが。

もちろん、起動HDの不具合が出た時にはこの方法は使えないが、HDの不具合程度は自己解決できるだろう。
その場合のためにも、日頃からバックアップをマメにとっておくようにする。
最悪でも、アプリなどは時間さえかければ復旧が可能だが、個人ライブラリはそうはいかない。
メールやブラウザのバックアップ等、同じ物は他所には存在しないので、
最低限、個人ライブラリのバックアップだけは確保しておくように。

最初からついているHDは使わないってのは、おかしな話であるが、
最近のアプリは「インストールだけでどんなけ時間かかんの?」ってくらいサイズが大型化しているので
それをイチから再構築するような事はできるだけ避けたいものだ。

まぁ、タイムマシンを使えば問題ないのかも知れないけど。
(タイムマシンからの復旧の経験がまだ無いので、よく解らない)


posted by h_asanaka at 12:27| Comment(0) | Mac-Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。